decade

2016年6月10日、脱出ゲームの口火を切ったCRIMSON ROOMの続編、CRIMSON ROOM DECADE が、Windows版&Mac版のアプリでリリースされました。

筆者、リリース直後は仕事があったので、夜にワインを飲みながら、いつものスタイルでプレイさせていただきました。

【公式サイト】CRIMSON ROOM DECADE

「私はこの部屋に来たことがある」

調査員ジャン・ジャック・ゴルドーが目覚めると、赤い部屋に閉じ込められていた。 開かない扉、ぶら下がる裸電球、散らばるワインボトル。 見知らぬ場所のはずなのに、何故か強い既視感を覚えるゴルドー。 限られたアイテムを駆使して謎を解き、この密室から脱出できるのか・・・?

クリムゾン・ルームらしい赤い部屋、箱、そしてサウンド。謎解き後の2周目は、どんなストーリーだったか、確認しながらのプレイになりますでしょうか? おそらく1周目は謎解きに専念して、それどころではなかった人もいらっしゃったかと思います。

プレイ後のゲームステータスを表示しておきますね。


CRIMSON ROOM DECADE


ogicon

Windows版・Mac版

難易度 ★★★★☆
グラフィック ★★★☆☆
ゲームの長さ ★★★★☆

攻略の手引き

decade01

リリース直後でもありますので、いつもながらの完全攻略等は伏せておきます。スマートフォンアプリ版もリリースされるようですので、そのときにしますね。

ただ、チェックメイト級の詰まるポイントは、おそらく誰しも一緒だと思いますので、そこだけSOSに変わる「手引き」という形で、サポートさせていただきたいと思います。

まず、画面移動に慣れてください。筆者、画面移動に慣れず、休憩しながらのプレイでした。3Dゲームエンジンって、そういうことか、とプレイして気づいた次第です。

一定の距離まで近づかないと、アイテムを取得することができませんので「しゃがむ」「という操作方法を忘れずに。

次に、脱出ゲームの絶対的な隠し場所である枕下、「鉛筆」はなんのために使うのか? を改めて謎解きされてみてください。筆者は最初、制限時間が決まっているのか!? とさえ思いました。謎を解いていって「アーミーナイフ」を手に入れたら、クリムゾンルーム・イレブンを思い出してください。

この作者は、際どいところにアイテムを隠します。

ここで5時間ぐらい詰まりました。ここからの脱出は、けっこうしんどかったです。っていうか、めっちゃ序盤なんですが……。テキスト手引きとはここ。


序盤にアーミーナイフを取得後、行き詰まったらナイフを持ったまま、ベッドを隈なく調べてください。


そのくらいかなーと思います。そっからは、スムーズに謎解きできましたよ。内容としては、CUBICROOM の第一作目を思い出す内容でした。全ファイル取得まで、がんばってください! 筆者もまたやり直します。期間限定とはいえ、840円もしたんだから……。

筆者:Yujiro