mzl.itiblctp.512x512-75

脱出ゲーム

IDACのiPhone向け脱出ゲームポータルアプリ「脱出ゲーム」にて、8作品が無料公開中!
※ 価格は記事執筆時のものです。ダウンロードの際にはストアの価格をご確認下さい。

脱出ゲーム: Stealth Diamond
あなたは、ジュエリーショップで輝く多くの宝石が密輸取引だということを知っているだろうか。
あなたやあなたの婚約者の薬指で輝いているダイアモンドも例外ではない。
今日は、アフリカのある国の紛争の原因となった伝説の宝石のお話。

export

完全攻略はコチラ!

iphoroid移動ボタン


脱出ゲーム: ギフテッド
マリアはIQ200以上の天才児だ。2歳で4カ国語を操り、8歳で世界で最も難しい数学の問題とされていた定理を証明してみせた。
しかし、マリアは自分の好きな言葉だけを繰り返したり、人と目を合わせようとしないため、両親と会話する事すら難しかった。
そんなマリアを両親は心配していたのだが、マリアは隠密にある計画を進めていた・・・

export

完全攻略はコチラ!

iphoroid移動ボタン


脱出ゲーム: 奇妙な隣人
隣の空き家に越してきた奇妙な隣人がまき散らす騒音のせいで、気が狂いそうになった私は、明日の朝、苦情をいってやろうと決心した。しかし、翌朝、騒音がピタリと止んだ。
不思議に思い、隣家を覗いてみると、誰かがこちらに手招きをしている!警戒しながら隣家に入ってみると・・・・・・

export

完全攻略はコチラ!

iphoroid移動ボタン


脱出ゲーム: Fake
これまで名も知られていなかったある画家の作品が急に売れだし、高額で取引が行われている。
しかしその画家は既に亡くなっており、流通している作品は贋作の疑いがある。
調査を進めていくうちに、有力な情報が舞い込んだ。
街外れの森の中に、贋作を制作しているアトリエがあるというのだ。
そのアトリエで本当に贋作の制作が行われているのだろうか。

export

完全攻略はコチラ!

iphoroid移動ボタン


脱出ゲーム: 逃げられない!
限界だった…。
尋常ではない彼氏の束縛と暴力に耐えきれず、私は家を飛び出した。
行くあてなどない。
無心で私が向かっていたのは、大学時代からの親友の家だった。

export

完全攻略はコチラ!

iphoroid移動ボタン


脱出ゲーム: ClassRoom
今日は、私が初めて担任を受け持ったクラスの卒業式。ほっとしたような、さびしいような、複雑な気持ちを抱えて教室へ急いだ。
しかし、生徒の姿はどこにもなかった。おかしいな…。とっくに登校している時間のはずだ。
その瞬間、ものすごい音で教室のドアが閉まった。

export

完全攻略はコチラ!

iphoroid移動ボタン


脱出ゲーム: コレクター
僕は貿易会社に勤務しているごく普通のサラリーマンだ。今日はたまたま独りで残業していた。
突然、オフィスの電話が鳴った。受話器を取ると、なんと社長からだ。
「至急、”秘密”を持って来てくれないか…社長室に行けばわかる。」
それだけ言うと電話は切れた。なぜ僕が?秘密とは?

export

完全攻略はコチラ!

iphoroid移動ボタン


脱出ゲーム: 心霊ジャーナル
「これ人の顔じゃない? 心霊写真!」
「おそらくね。まあ、いつものことだよ」
渋面を作りながらも、心中は得意げな自分。ある事件が転機となり、僕の撮る写真には高い確立で幻姿が映り込む。
これも何かの宿命と自分に言い聞かせ、様々な心霊スポットに足を運び、今では心霊雑誌の花形レポーター。
今回、深夜訪問した人間は必ず霊に遭遇できると話題の高等学校。
自殺を余儀なくされた女子高生の霊が、頻繁に姿を現す理由とは一体何か。

export

完全攻略はコチラ!

iphoroid移動ボタン


脱出ゲーム: 檻
ギリシャ郊外にある鳥かご専門店。そこで鳥かごを作る老紳士は密かに監禁の歴史を研究していた。
「鳥や動物は十分な研究データが得られた。次は……人を私の”かご”に閉じ込めたい。」
そんな衝動にかられた彼は、一軒家を改造し、店を訪れたあなたを監禁してしまうーー

export

完全攻略はコチラ!

iphoroid移動ボタン


脱出ゲーム: 古書狩り
ひっそりと街に佇む図書館。私はそこで働いている。
この図書館で働きたかったのには理由がある。
この図書館には、既に絶版となった愛書家垂涎の貴重な古書が所蔵されているという噂があるからだ。

export

完全攻略はコチラ!

iphoroid移動ボタン


脱出ゲーム: キャンディーショップ
不気味なメッセージが届いた。
『駄菓子屋に来い。来なかったらお前には、不幸が訪れるだろう』
無視はできなかった。なぜなら駄菓子屋は親友の実家だからだ。
俺は心配になり、駄菓子屋の様子を見に行った。
店内に入ると、いつの間にかカギが掛けられていた……

export

完全攻略はコチラ!

iphoroid移動ボタン


脱出ゲーム: 秘密基地
幼少期を過ごした街に出張がてら、ふらりと立ち寄った。約20年ぶりだ。
懐かしさで胸がいっぱいになった私はその昔、秘密基地にしていた廃屋へ足を向けてみた。
廃屋はあの頃とほとんど変わっていなかった。ドアを開け、中に入ってみた。
すると、なぜかドアが開かなくなってしまった!子供の頃の記憶を頼りに、出られるだろうか?

export

完全攻略はコチラ!

iphoroid移動ボタン