madiyami

最初にこの作品はフィクションです。とあるのですが、ノンフィクションのような前半部分でもあります。後半が脱出ゲームとなっておりまして、閉じ込められた彼女の部屋からの脱出となります。

ワタシ……フツウジャナイノカナ コンナコトシタラ、キラワレチャウヨネ デモオサエキレナイヨ

ストーリーの流れですと、悪いのはリナのように思えるんですよね。すべての元凶を招いたのは、筆者が思うに、この男だと思うのですが……。

ゲームステータス

madiyamigirl

マジヤミ彼女

難易度 ★★★☆☆
グラフィック ★★★☆☆
ゲームの長さ ★★★☆☆
開発元 Mio Yamazaki(リンクなし)
OS iOS/Android 共通
iphoroid Link 完全攻略ページはこちら

プレイ後に感じたこと

筆者も10代終わりの恋愛シーズン真っ盛りだったころ、この嫉妬という感情に苦しんだことがあります。独占欲というのでしょうか? 何かが暴走して、ついこんなふうになってしまうのです。たぶん、けっこういるんではないだろうか? とも思います。

求めぎることがエネルギーとなるのは明白なので、嫉妬からの脱出、一度求めているものを強制終了したほうがいいのではないかなと思いますね。正確な判断もできなくなりますし、自己嫌悪にも陥りますし、自棄にもなります。

とまあ、最初は現在彼女のリナが嫉妬に狂っているわけですが……。男性諸君、女性には気をつけましょう。

最終更新日:2016年6月10日