Seaside01

タイトルのとおり、海の近くにある家からの脱出ゲームです。こちらは2016年6月2日現在、同じSeaSideシリーズで4作品あります。朝日のステージだったり、夕焼けのステージだったり……プレイしているだけで南国の別荘に行った気分を味わえます。

ここでは、1作目についての回想録となります。

難易度は3に設定しましたが、メモを取りながらプレイすれば、他の難易度3の作品に比べてさほど難しくはないと思います。一番難しかったのは、グラスの謎。難しいというより、ちょっとそこが面倒だったかな……という印象です。また、記憶がどこまでできるのか? 本棚左サイドに記載されたボタン押し、記憶できるかできないかのギリギリ範囲、脳トレですね。

潮の香りと海風が、部屋の中にそよいできそうな脱出ゲームでした。

ゲームステータス

0

脱出ゲーム SeaSide

難易度 ★★★☆☆
グラフィック ★★★★☆
ゲームの長さ ★★☆☆☆
開発元 Art Digic
OS iOS/Android 共通
iphoroid Link 完全攻略ページはこちら

プレイ後に感じたこと

脱出ゲームは密室だけではなく、謎が解けなくても画面移動して海を見ていると、本当にそこにいる気分になります(グラフィックが綺麗ですよね)。

ジャンルとしては、オーソドックスに窓のない部屋に閉じ込められたステージ、ホラーのようにゾンビや霊が襲い掛かってくるステージとあるのですが、筆者が一番プレイしていて楽しいステージが、このリゾートステージです。もう謎が解けなくてもいいやと思ってしまうほど。

皆さんの好きな脱出ゲームの舞台はどこですか?

最終更新日:2016年6月1日