SphereRoom01.png

ゲームがスタートすると、どうやってこの部屋に入れたのやら、いまにもこちらに転がってきそうな、大きな黒い玉と遭遇します。「スフィア」というタイトルにしては、大きすぎるスフィアではないか!? とも思いますが、クリア後、プレイヤーはさらに大きなスフィアを見つけることと思います。

この脱出ゲームで苦労した点は、スフィアの左右両サイドのタップによる画面移動でした。中央のタップばかり気をとられてしまい、左右に画面移動できることに、なかなか気づきませんでした。

タップをしすぎると広告が出てきて、それがマイナス評価にも繋がったポイントかもしれませんが、脱出ゲームの構成としてはとても面白いゲームでした。

ゲームステータス

0

脱出ゲーム Sphere Room

難易度 ★★☆☆☆
グラフィック ★★★☆☆
ゲームの長さ ★★☆☆☆
開発元 ブリブザー
OS iOS/Android 共通
iphoroid Link 完全攻略ページはこちら

プレイ後に感じたこと

なんだか日常生活でもそうですよね。時間が許されているのであれば、最後まで諦めてはいけません。あてずっぽうでミッションを達成したとしても、賞賛は得ても自分のステータスには反映されないものです。

SphereRoom(スフィアルーム)は、オーソドックスな3D脱出ゲームでして、ひとつのトラップが仕掛けられています。プレイされた方もわかったかと思いますが、「鋏(はさみ)」を使って運試しをしようものなら、否応がなしにGameOverが待っているのです。

このゲームの楽しかったポイントは、やはり部屋の中の大きな黒い玉であり、そしてクリアしたときに見える景色でしょうか? マトリョーシカの中にいるようで、実はまだ外に出たと思いきや・・・・・・と、想像力を膨らませてくれます。

最終更新日:2016年6月1日